■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
船便発送
いよいよ本日出発です。でも16:55発の便なので余裕。今朝は冬服を船便で送るために郵便局に行ってきた。荷札に中身をかくのだけど、'Clothes'と書いたら、「数量を書かないとなくなったときに文句を言えないから、なるべく詳しく書いた方がいい」、と言われ、写真をとってたので、数をせっせと数えて記入しておいた。これはなくなってもいいよなあ、と思いつつ「ハンガー4点」とかも記載。1~2ヶ月かかるけど、まだ冬には間に合うはず。船便の安さは魅力で、8.8kgで6,200円。無事に届きますように。

スポンサーサイト
留学準備 | 11:50:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
運転経歴証明書
留学先で車を買うつもりはないけど、もしかしたら車を運転することがあるかもしれない、ということで先輩に教えてもらったカーシェアリングサービス'I-GO'。レンタカーと違って面倒な手続きもなく時間単位で車を使うことができ、しかもカープールは寮の隣にある。そのサービスを使うのに必要なのが過去3年の運転記録。日本語でいうところの、「無事故・無違反証明」を提出しなければならないらしい。たぶん「運転記録証明書」でもいいのかもしれない。こんなのとったことないけど、申し込み用紙は交番でもらうことができ、申し込みは郵便局で振り込みするだけなので簡単。でも即日交付はしてくれないので、後でエアメールで送ってもらわないといけない。。

I-GO
http://www.igocars.org/

自動車安全運転センター
http://www.jsdc.or.jp/certificate/index.html

留学準備 | 08:33:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
Citibankの外貨キャッシュカード
留学にあたり、為替レートを含め、どのやったら最小コストでアメリカに送金できるかを調べたら、FXで両替→Citibankにドルのまま送金→海外口座に送金、が一番よさそうだったので、しばらく前にCitibankのマルチマネー口座を開いておいた。ちなみにFX口座は、MoneyPartnersとCyberAgentはドルで出金可能。ただ、Citibankは1,000万円相当以上預金が入っていない限りは1回の送金手数料が2,000円(100万円相当以上の残高があり、オンラインで送金した場合)かかるので、なるべくまとまった金額を一気に送ってしまったほうがよい。では、小額の現金を手に入れたかったり、送金の登録手続き(オンラインで送金するには事前登録が必要)が完了するまでの間は困るな、ということに今さら気付き、慌てて手配したのが外貨キャッシュカード。Citibankのキャッシュカードでもアメリカで米ドルの引き出しが可能だけど、為替手数料が数%かかる上、そもそも円口座にお金が入ってなければ使えない。外貨キャッシュカードはアメリカに限ってドルをドルのまま引き出せるので、為替手数料が無料。引き出し手数料は2ドルと、悪くない。Citibankの支店に行けば即日発行してくれる。

http://www.citibank.co.jp/ja/fcy/fcy_citibank_overseas/fcy_usd_savings.html

留学準備 | 22:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
レーシック一ヶ月検診と買い物
レーシックから1ヶ月。相変わらず目の乾きはひどいけど、見え方はもう完璧。視力測定をしたら両目とも1.5だった。レーシック前は左の最大矯正視力が1.2で、それを目指しての手術だったので、目標値より視力が出てる!それから角膜の厚さを測るために麻酔をして、手術前検診のときと同じ瞳孔を開く薬をつけたので、目が重く、手元がぼやけて見えなくなった。診察は手術とその後の検診2回(翌日検診&一週間後検診)と同じ先生。また「ドライアイがひどいね~。目の表面がキズだらけだよ」と言われた。。目薬を余計にもらってアメリカに持って行くことにした。意識的に目薬をさすようにしないといけないらしい。もう乾いてる状態に慣れてるせいか、昼間は指定の時間以外使ってなかった。今日の診療費+投薬料は7,160円。いつもけっこう高い。次回は帰国のときにまた診てもらう予定!渡航先はさらに乾燥してそうだから気をつけよう。気候と目の乾きは関係あるのだろうか。
診察が終わってから原宿方面に歩いて100円ショップへ。先輩が「生活セットアップは100円ショップで!アメリカに同様なものはない!」と力説してたので竹下通りの4フロアあるダイソーを覗いた。意外と掘り出し物があり、ヘッドライト(エクアドル旅行の持ち物リストにあった。)を200円で手に入れた。それから、キッチン用品で思い出してお米も量れる計量カップと、軽量スプーンセット。わからないけど、きっと100円では売ってないのではないかと思う。そういえば、私も一人暮らし始めたときには100円ショップでいろいろ買ってた気がする。

100715omotesando


留学準備 | 10:25:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
保険の選択
国民皆保険でないアメリカでは、大学が学生に健康保険への加入を要請する。大学が決めているプランがあり、そのプランに入るか、または諸々理解した上でプランに入りません、ということを意思表示しなければならない。大学の保険は高い(20万円以上)上に免責額もあり(海外旅行保険だったら疾病治療は免責なし)、さらに期間も2010/9/1~2011/8/31と、おそらくアメリカにいることのない来年の夏休み分もカバーされているため、私は日本で入れる留学生向けの保険に入ることにした。
検討したのは東京海上・AIU・JI。東京海上は高いプランしかなく、バラがけを受け付けていないので却下。当然補償内容は充実しているが、治療無制限とか死亡保障たくさんいらない。AIUとJIはそれほど変わらず、だったけど、セットプランで安いものがあったこと、外資の日本法人よりも日系企業が安心かな、と勝手に思ったことから、JIを選択。留学先はアメリカなので、AIUのが提携病院とか充実かもしれないと思いつつ、JIを使っていた先輩の話もよかったので。健康保険だけの学校のプランと違って旅行保険に一般的な携行品などがカバーされるのもうれしい。

と、これで契約をした後で、同級生に「留学生は学校プランに入らなければならない」と聞いて焦った。慌てて学校と連絡をとり、学校プランと同様の内容がカバーされることを主張し、内容を理解した上で学校プランをwaiveします、と書面でサインをしてようやくwaiveが承認された。とりえずは出発前に解決してよかった。





留学準備 | 15:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。