■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サンフランシスコベイエリアでの家探し【個人所有の物件】
今週末は個人所有の物件を2つ見つけました。日本ではあまり見かけたことがありませんが、アメリカだとオーナーが直接テナントを探している、ということがよくあります。今借りている家もたまたま見つけた家が日本人所有だったということで信頼してもらえ、かつその方が日本に帰っている長期でコミットすることを理由に当初の希望価格よりも安く貸してもらえました。個人所有の場合、不要なトラブルを極力避けるために「いいテナント」であることを重視する傾向があるので、状況次第では提示条件の交渉が可能で、マネジメントよりもフレキシブルな対応が期待できます。

1. San Bruno b/w Angus Ave and Hensley Ave 1BR+DEN $2000
家に入ると、中国人のオーナーが迎えてくれました。広いリビングとベッドルームの他に、小さい部屋があって書斎に使えそうです。狭いコンクリートの裏庭があって、バーベキューくらいはできそうです。この値段でこの広さの家(2階に別の人が住んでいるけれど、1階部分にはこの部屋だけ。)はなかなかない、と思って私はとても気に入りました。唯一の難点は、洗濯機と乾燥機がついていないので、コインランドリーに行くのが嫌だったら自分で購入しなければならないところですね。

2. 412 Birch Street Red Wood City 1BR $2270
ちょっと高いのですが、ここは完全な一軒家で、950sqftもあります。サンフランシスコ在住の老夫婦(推定60歳くらい)がテナントの引っ越しに伴って新しい借り主を探しているという物件でした。よく手入れされた庭もあり、ガレージが使え、ランドリーも家の中にある、ということで質は文句なしです。でもここは家賃に加えて、テナントが電気、ガス、水、ゴミ処理も負担だそうです。たしかゴミ処理は家主負担のところが多いので(アパートだとそんな費用ない気がする)、それも入れるとさらに高くなってしまいます。それでもこの広さの一軒家でこの値段の物件はあまりレンタルマーケットに出てこないので、20人くらいの人がオープンハウスに来たと言ってました。

結局ちょっと高い一軒家にカバーレター付きで応募しました。競争率の高い物件ということでだめもと、という気分でもあったのですが、結果からいうとやっぱりだめでした。なんと、5月まで入居できない人が「4月丸ごと払う+6ヶ月分の家賃を前払いする」ということを申し出たらしく、負けてしまいました。そういう条件の出し方もあったんですね。。

一方、時間差で応募したSan Brunoの家主さんからはOKの返事が。オープンハウスに来た人たちの中でも気に入ってもらえていたようです。こういう時に、「日本人女性」というのはけっこう有利です。特にアジア人オーナーの場合、文化的に近いことと、家の中で靴を脱ぎ、きれい好きで騒いだりすることがない、と一般的に思われてます。でもこのSan Brunoの家は結果的にお断りすることになってしまいました。。





スポンサーサイト
アメリカ生活事情 | 19:34:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
サンフランシスコベイエリアでの家探し【家巡り】
Craigslist等のインターネットで情報を集めたら、次は実際の家見学です。高級マンションだと週末もマネジメントオフィスが空いていると思うのですが、安めのところは平日9時〜5時しか空いていないところもけっこうあります。これはけっこう痛い。「オープンハウス」という形で日時指定で中を見せてくれるところもあります。この週末では3軒まわりました。

1. Sequoia Apartment Homes 1212 Whipple Ave Redwood City 1BR $2,310-2370
週末もマネジメントオフィスが空いている、比較的いいアパートの割には安めな気がします。モデルルームもあって、キッチンやバスルームはきれいで清潔でした。小さいジムとプールがあります。難点は更新期間が最低半年ということ。フレキシブルに動けないのはちょっとマイナスです。
Sequoia Redwood City Apartments

2. 152 Lincoln Ave Redwood City 1BR $1750
名前もついていないアパート。やっぱりこれだけ安い物件はそれなりです。。周囲の家やアパートも低所得者向けのようだし、住んでいる人もオープンハウスに来ていた人たちも、ヒスパニックの人が多かったようです。マネジメント会社もなんか適当なお兄さんでした。うーん、いくら安くてもこれはないね、ということでパス。月の家賃が20万だと安い物件なんですねー、恐ろしいベイエリア。

3. 1405 Marshall Street Redwood City 1BR $1775
直前のアパートがひどかったので、この値段ではそれなりだろう、とほとんど期待していなかったところ、予想外に部屋はきれいでした。バスルームにはバスタブもあり、つかってもいいと思えるくらいのきれいさ。(古いところだと水回りは汚いので、バスタブにつかる気がしないところは多い。)ただし、この価格は半年前に契約した人の価格なので、5月の更新後は$1875くらいじゃないか、ということでした。ここはリース満了前に引き継ぎたい中国人テナントに見せてもらったので中に入れたのですが、マネジメントオフィスは平日9時〜4時までしか空いてません。
Marymount Manor Apartments

3の家を見せてくれた人がとてもアグレッシブで、「明日リースの引き継ぎ手続きをできるか?」と聞いてきたのですが、まだ今の家を出るまでに1ヶ月あるし、ということで特にコミットはせずに一日が終わりました。



アメリカ生活事情 | 21:43:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
サンフランシスコベイエリアでの家探し【基本情報】
サンフランシスコはアメリカの中でもニューヨークと並んで物価が高く、家賃も高い上に高所得者の流入が止まらないので物件がすぐなくなります。。でも今住んでいる家はサブレットで、もうすぐ家主さんが帰ってくるので、4月11日までには完全に立ち退かなければなりません!ということで、重い腰を上げていよいよ本格的な家探しを始めました。

[探す時期]
相場を把握するために、2ヶ月くらい前から探し始めたほうがいいです。実際に空き物件が出るのは1ヶ月を切ってからくらいなので、2ヶ月前だといいところが見つかっても、家賃を払い始めない限り物件を抑えられないのですが、エリアが決まっているのであればどんなアパートやコンドミニアムがあって、大規模アパートだったら空きが出そうか、ということが分かってきます。

[探す方法]
・craigslist
ここを見てるだけでも大丈夫ですが、地図がないので、エリア毎に探しにくいのが難点。あとは、玉石混淆なので、詐欺物件かどうか見極めるのは自己責任です、本当に。新着物件から見られるのは便利。
・Trulia
ここもけっこう揃ってます。アプリも使いやすく、載っている物件のエリア情報を入手するのにも使えます。
・Livelovely
アプリが使いやすくていいのですが、比較的高い物件ばかり。。
・Padmapper
craigslistからも情報をひっぱっているので地図から探せるのがいいところです。

シカゴのときは不動産やさんに頼んで、いろいろアパートに連れて行ってもらったり、その人が物件情報をくれたりしたのですが、ベイエリアには不動産やさんはいないみたいです。聞いたことないだけなのかもしれまさんが、まわりに聞いてみても、craigslistと答える人がほとんどでした。

アメリカ生活事情 | 21:10:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
アメリカで車を買う
旦那さんの車がそろそろ寿命(10年)になったので、新しい車を買いました。HondaのCR-V 2WD EX に決めたのですが、その後の価格交渉が大変でした。といっても私は見ていただけですが、複数のディーラーから見積とって、それを元に交渉するという作業がけっこう時間がかかり、かつ真剣な交渉なので戦略をもって臨む必要がありました。

今回候補となったディーラーは3件。Palo Alto、Redwood City、Colmaのそれぞれまあ家から比較的近いところにあるディーラーです。Palo Altoは値引きをしない代わりにサービスがいいのが売りらしく、セールスマンものんびりしてます。Redwood Cityは一目でガラが悪そうな人達。。ディーラーショップに入った途端、何人かが外に出迎えに出てきたのですが、サングラスをかけて近寄ってくる集団にはかなり威圧感がありました。ColmaはCostcoのディーラー。やる気がないのか、需要に供給が追いついていないのか、レスポンスが一番悪いセールスでした。

まずは一日目にのんびりしているPalo AltoのHondaで試乗。ここは交渉に応じないと言っているので、乗るだけで、とりあえず終了。翌日にRedwood CityのHondaに行きました。この時点で、ようやくColmaのディーラーからの値段も入手していました。それをもってRedwood Cityのディーラーと交渉します。最初の言い値がなんとPalo Altoよりも高く、これでは話にならない、と旦那さん。。再度持ってきた数字も高く、次にはマネージャーが一緒に出てきました。それでも納得できず、Costcoの値段を元に一歩も引かない旦那さんと、これ以上の値引きは承認がおりない、というディーラー。。結局はディーラーが旦那さんの言い値まで降りることで握手、交渉成立となりました。

これ、本当に心理戦です。。ポイントは、いくつか見積を入手し、交渉のときに出す値段は全部頭に入れておくこと、どこまで引けるのか、決めておくこと、ですかね。今回学んだのは、MSRP(Manufacturer's Suggested Retail Price)というのは全く参考にならないことと、Invoice Price(ディーラーがinvoiceされる額)からいくら下げられるか、という交渉になるらしい、ということです。

アメリカ生活事情 | 10:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
おふろのカビ取り:ブリーチ入り洗剤
家のシャワールームには窓がないので、気付くとすぐに黒いカビがはえてくるのが悩みのタネでした。一度Homejoyというクリーニングサービスを頼んだときに、ぴっかぴかにしてくれたのですが、そもそもどの洗剤を使えばカビ取りができるのか分からずに困っていました。

そこでハードウェアショップのLowe'sに行ったときにたまたま見つけたのが"Kaboom Stain Remover with Bleach"というタイルクリーナーです。$3.99だったかな。ブリーチの入ったクリーナーとのことで、早速試してみました。

すると、驚くほど効果あり!OxiClean Multi-Purpose Versatile Stain Remover を水で溶いてバケツに入れて、ゴシゴシこすっても取れなかったカビが、軽いものはスプレーしただけで消えました。ブリーチが入ってるのがいいのかなー、Stain Removerは服やカーペットにはいいのかもしれないけど、固い表面にはあまり使えなさそうです。

クリーナーを見てつけたので、次の目標は、定期的に掃除をすること、ですね。



アメリカ生活事情 | 14:07:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。