■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (Bridesmaides)
ハワイからの帰りの飛行機で無料エンターテイメントがないと分かっていたので、iTunesで映画を1本レンタルしていました。それがコメディのブライズメイズ。タイトルが超女の子向けですが、ネタが強烈なので、旦那さんも意外と楽しめたようです。ブライズメイドとかメイド・オブ・オナーとか何をするのか全く分からないので、「普通」のアメリカ式結婚式の場合はどういう手続きなのかな、と興味を持ったのがこの映画を選んだ理由でした。

実際、ブライズメイドは頼むほうも頼まれるほうもストレスがかかるようです。ブライズメイドの仲の良い女友達数人を限定して選び、全員に同じ色のドレスを着せ、結婚式のお手伝いをしてもらう、というものなので、まず最初の「選ぶ」段階で悩み、次に何を着てもらうか、で悩むみたいです。そのストレスを軽減するというアイディアでビジネススクールの同級生は起業してましたからね。

さて、映画の主人公のアニーは30代独身で彼氏もいなく、仕事もうまくいかずで「人生のどん底」状態。そんなときに親友のリリアンが婚約し、アニーにメイド・オブ・オナーを頼む、というところから話は始まります。まずは婚約パーティーで出会ったブライズメイドの一人のヘレンがお金持ちの(見た目)素敵な女性で、ヘレンとのバトルがかわいい嫉妬のレベルを超えています。

もちろんストーリーの途中でアニーの恋も描かれます。違反でつかまったときの警察官がアニーの前に経営していたケーキやさんのファンだったことで知り合う、という映画っぽい始まりですが、この二人の展開も女子バトルと同時に気になってきます。ストーリー展開のテンポがよく、後味のよい終わり方で、楽しめた映画でした。

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

スポンサーサイト
映画・TV | 14:33:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
How to Be an American Housewife
Burlingameの図書館で中古本を安く販売していたので、"How to Be an American Housewife"という小説を買ってみました。第二次世界大戦後に結婚してアメリカに渡った日本人のShokoと家族、娘のSuiko(Sue)が中心となった話です。

1900年代の日本はまだ女性が教育を受けることも仕事をすることも奨励されなかった時代。当時のShokoはスポーツがいくらできても、勉強がいくらできても、早く養ってくれる人と結婚することだけが幸せ(食いっぱぐれない)唯一の道でした。さらに日本は戦争直後で貧しく、両親が勧めたのは「アメリカ人との結婚。」です。当時Shokoが住んでいたエリアにはアメリカ軍人が多く駐屯し、ホテルで働いていたShokoはアメリカ人と知り合う機会には恵まれていました。

そこで出会ったCharlieと結婚することに「成功」し、アメリカに渡ったShoko。この本は、Shokoが年をとってからの回想、という形で戦後の様子やアメリカでの生活の話が前半はShoko、そしてその後はSueの目線から語られます。

Shokoの感じたアメリカ文化と日本とのギャップ、アメリカ生まれ・育ちで日本語を話さないSueからみた日本人の母親の捉え方は、日本人が読むとさらに興味深いと思います。この話自体はフィクションとはいえ、実際に戦後にアメリカに渡った日本人の母親を持つ作者が書いていて、こういう形で結婚し、英語もそれほど分からないままに日本を離れ、軍人の夫について各地を転々とした日本人女性は実際にたくさんいたんだろうな、と思います。



映画・TV | 11:07:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
The Hobbit: The Desolation of Smaug
クリスマスイブにホビットの2作目を見てきました!1年前に見たホビットは「あれ、これで終わり?」みたいな感じだったことしか覚えてなかったのですが、ホビットは似たような登場人物(ドワーフ)こそたくさんいるものの、話自体は山を目指して旅を続ける、という単純なものなので(ファンに怒られるかな)、1作目を見ていなくても、ロードオブザリングを知らなくても楽しめると思います。加えて、こもった声で話す人達がたくさんいて、英語は分かりやすいとは言えませんが、ストーリーラインは映像を見ているだけでもかなり追えます。

また3時間近くの長い映画ですが、次々と敵やら見方やら出てきて、伏線もあり、あっという間に終わってしまいました。特に森の中に入ってから、ビルボが木に登って方角を確認し、喜んだのも束の間、ドワーフが呼びかけに応じなくて不安になる、、あたりのシーンからの展開はハラハラの連続です。

でも、山でのドワーフたちの諦めの速さはちょっと不自然でしたね。ビルボの活躍の場を増やす演出でしょうか。私はそのあたりで2話終了かと思いましたが、意外と長く見せ場が続きます。今回の方が区切りがよく、すっきりと終われた気がします。ビルボの最後の言葉が"What have we done..."と、まさにその通り!完結編の3話目は来年夏の公開だそう、楽しみです。

映画・TV | 14:03:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
World War Z
世界戦争Z、Zはゾンビ(Zombie)のZです。人類がゾンビに襲われて、それを救うために国連職員のブラッド・ピットが活躍する、というありがちな設定のパニック映画を見ました。最近使っている批評サイトRotten Tomatoesの評価が比較的高く、近くのAMCでやっていたので、友達と5人で行くことにしたのでした。

映画は始まりから衝撃的で、ブラッド・ピット一家が渋滞につかまっているところで爆発が起こり、何があったのかよくわからないままに身一つで逃走する中、ゾンビに襲われた人々が続々とゾンビに豹変するところを目にします。ゾンビは犬のようなスピードで走れるようで、しかも超凶暴な攻撃マシーンなので、あんなものが繁殖し始めたら、飛行機で逃げることしかできなそうです。この最初のゾンビからの逃走シーンはかなり緊迫感に溢れるものでした。

さて、間一髪でゾンビからひとまず逃げ出したブラッド・ピットですが、国連からの要請で、ゾンビの元を断つミッションに旅立つことになります。家族との間をつなぐのは1日1回すると決めた携帯電話のみ。そして危険な超重要ミッションをこなしていくのでした。

この映画、ドラマチックなシーンがたくさん出てきますが、残念なのは最初の盛り上がりが後半持続しなかったこと。あまりに事件のタイミングがよすぎたり、ブラッド・ピットが死なないのは分かっていても、助かり方が不自然だったり、もう少し自然な展開がよかったな、と思います。終わり方もちょっとあっけない感じなのが残念でした。


映画・TV | 19:47:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
Mud
3週間ぶりくらいに家に帰ってきたルームメイトが映画を見たいというので、ひさびさに映画館に行ってきました。徒歩数分のAMCではなく、車で15分くらいの小さなシアターへ。本当はThe Internshipを見たかったのですが、あまりにレビューの評価が低いので、Rotten Tomatoesというレビューサイトでポジティブレビューが99%のMudに変更したのでした。

映画の舞台はArkansas州、ミシシッピ川沿いの小さな町。2人の少年が川の中にある島でボートとそこに住んでいるらしき男性に会うところから始まります。その男性は、恋人と会う約束をしているとのことで、少年たちは次第に彼と心を通わせ、再会を実現するための手助けをし出すのでした。この映画のよかったのは、このメインプロットに加えて、少年の家庭環境の問題だったり、少年が恋心を抱く年上の女の子の話だったりが複線として入り混じり、常に観客を飽きさせないようになっているところでした。最初はちょっとゆっくりな映画だな、と思ったのですが、謎の男性の恋人を見つけたところあたりから、男性の過去が解き明かされていき、次から次へと話が展開していきます。

とにかく最後まで次の展開が気になり、どういう結末を迎えるのかも想像がつきませんでした。そうして迎えるラストも単純な終わり方ではなく、少し余韻を残すように幕を閉じました。うん、見てよかったです。難点は、英語の訛りが強すぎて、聞き取るのにかなりの集中力を要したこと。一緒に行った、ネイティブの2人も訛りがきつかったと言っていました。。

主演はMatthew McConaughey。ラブコメのイメージなので、エンドロールで名前が出てくるまで気付きませんでした。恋人役はReese Witherspoon。やっぱりかわいいですねー。俳優さんって自在にアクセントを操れてすごいと思います。

http://www.rottentomatoes.com/m/mud_2012/



映画・TV | 15:47:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。