■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Element Bars
Entrepreneurship club主催の講演に行ってきました。ゲストスピーカーは'09卒業のJonhathan Miller。在学中からたくさんのビジネスプランをつくり、卒業後にElement Barsを立ち上げたEntrepreneurです。TV番組のShark Tankに出演(日本のマネーの虎みたいなもの。マネーの虎見たことないけど、聞いたところによると似たもの。)して、出資をとりつけたというNegotiatorでもあります。この講演に行く前日にTV番組をYou Tubeでチェックしたのですが、堂々として見事なプレゼント絶妙なNegotiationでした。アメリカ人の友達も、Q&Aのこなし方とか何を言われても自分の主張を貫くところとか、他の出演者と比べても相当優秀、と評価してました。

映像で見た人が実際に学校に来る、とのことで楽しみにしていったところ、教室の埋まり具合は1/3くらいと意外に少ない。あんまり宣伝を見かけなかったので、知らない学生が多かったか、mid-termとリクルーティングで余裕がないのか、ランチが出ないのでattractiveでなかったのか、まあ全部の組み合わせでしょう。

今日のテーマは彼が自分の経験から学んだこと、Tips、ということで、まわりがコンサルに流れる中、つらい(少なくとも通常のリクルーティングパスよりはよっぽど大変)起業の道を進んだ話をしてくれました。彼からの後輩に対するメッセージはこんな感じ。

・Convince people to believe the idea is worthwhile
まずは友達に自分のビジネスアイディアの価値を認めてもらうこと。出資を募るにしても、相手に自分のビジネスを認めてもらう必要があるので、これが第一段階。
・Work on multiple ideas
進めていくうちにうまくいかないことも多くあるので、たくさんのアイディアを並行して持っておくことが大事。
・Star small - try with small scale
いきなり大規模に始めようとせずに、できるところから始めてみる。
・Double check your gut
自分の考えが正しいか、何度も人(クラスメイト)と話して確かめる。そのプランでいけると思ってるのは自分だけかもしれないし、話すことでthink throughできる。
・Exercising to write business plan is important
ビジネスプランは何度も書くことで、違うアイディアにするときにもimproveできる。
・The perfect partner compliments your weakness
何でもできる人はいない。自分にないスキルを補うパートナーを組むことが大事。
・You're never the first one with an idea
自分と同じアイディアで既に誰かがビジネスを始めてたとしても、問題ない。むしろ誰もそのアイディアを実行していないほうが心配。同じビジネスをしていても、競合よりうまくやればいいだけの話。

うんよくサンプルのEnergy Barを手に入れたのですが、おいしかったです!帰国する前におみやげとして買ってみようかな。



スポンサーサイト
課外活動 | 02:09:29 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。