■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自由の国日本?
会社の知らない人の送別会があったのですが、日本ほど形式ばってないので、上司と知っている同僚が何人か行くというので顔を出してきました。そこで初めて会ったアメリカ人(会社の人は基本的に全員アメリカ人。そして中西部の会社なのでほとんどが白人。)が日本の文化に興味があってぜひ行ってみたい、とのこと。アジアに行ったことある人自体も少ない感じなので、日本文化好き、とか言ってくれる人がいるとうれしいですね。彼はインフラ系の部署で、ちょっとオタクっぽく、日本のアニメなんかが好きだそうです。さすが世界に広がる日本のアニメ。

で、その彼(白人)が日本にあこがれる点の一つとして、「自由さ、異なるものに対する寛容さ」を挙げてきました。おや、個人主義&自由はむしろアメリカが誇るものでは?と驚きました。彼によると、アメリカでは政教分離とはいえキリスト教の人が多いので、キリスト教に反する考え方が受け入れられなく、こういう行動をすべきだ、というプレッシャーがあるとか。一方、日本は宗教がない(信心深くない)ので、いろんな考え方が受け入れられている、と。まあ、それも一理あるかもしれないです。夜の産業の発達具合とか、電車の中で堂々とアダルトマンガを読む人とか、そういう面を比べるとアメリカはかなり保守的ですから。

ただ、日本のほうがムラ社会だから、人と合わせなければならないっていうプレッシャーはあるよー、と彼には言いました。それから、年功序列がまだあるので、年上の人にはかなり気を使うし。そして、アメリカでも地域によってたぶん差はあるだろうね、と二人で話してました。きっとカリフォルニアは移民も多くていろんな人がいるから自由度合いが高く、アメリカの田舎で白人しかいないような町だともう少し閉鎖的なんだと思います。


スポンサーサイト
仕事 | 16:47:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。