■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お客様は神様&おもてなしの日本
ひさしぶりに年末年始に日本に帰り、やっぱり日本のカスタマーサービスはすばらしい、と実感する出来事がいくつもありました。サービスの提供側のことを考えると、期待値が高すぎて大変だと思いますが、サービスを受ける側としては、誰もが丁寧な対応をしてくれるのでとてもうれしいものです。でも、若干謝りすぎかな、こっちが申し訳なくなります。

1.パスポート紛失未遂
成田到着直後、入国審査に並んでたところで、パスポートがないことに気付き、事務所に駆け込みました。空港スタッフの方は落ち着いて航空会社に連絡してくれ、しばらく待つと、飛行機の中にあるのが見つかったので、持ってきてくれるとのこと。私がどこかで落とした(たぶん座席に置きっぱなしだった)パスポートなのに、持ってきたスタッフはなんと、「お待たせして申し訳ありません。」と言いながらパスポートを差し出してくれたのでした。

2.フェデックスコールセンター
帰国翌日の12月28日(土)、急にアメリカに書類を発送することになりました。緊急だったので、Fedexのコールセンターに電話すると、集荷はやっていないが、営業所に持ち込めば当日の便で運べるとの返事。営業所は少し不便なところにあるのですが、緊急なので仕方ない、と思っていたら、30分後くらいにふぇデックスから電話があり、「先ほどお伝えした情報に間違いがありました。本日集荷できます。」と。私の電話番号を伝えてはいなかったのに、おそらくディスプレイに表示されていた番号にコールバックしてくれたのでしょう。わざわざ間違えを訂正するために電話をしてくれたことに驚きました。

3.休日診療
12月30日、スノーボードの後、急に接骨院に行く必要がでてきました。父の通っている接骨院は28日を最期にお休みになっていたため、当然電話をしても誰も出ません。そこは個人経営で診療室と家が隣り合っているため、家に行ってみたところ、ちょうど外出から戻ったところで、診察してくれるとのこと。家族3人が診療してもらったのですが、先生は4時からまた用事があるとのことで、「申し訳ないけど、2人しか時間をかけられない」とおっしゃいました。休日に押しかけて申し訳ないのはこちらの方です。
スポンサーサイト


旅行 | 10:43:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。