FC2ブログ
 
■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジョブセキュリティ
日本で仕事していたときは全く考えなかった「ジョブセキュリティ」ってあまり意識したことがありませんでしたが、アメリカで学生の身分がなくなってから、意識させられることが多くなりました。

例えば、私の会社であるプロダクトを販売停止することが決まったとき、そのプロダクトの担当者は全員実質解雇になりました。これが日本の大企業だったら、通常異動で違う部署に行くだけだと思います。「実質解雇」になった人たちは、社内で自分が必要とされるポジションを「自分で」見つけるか、社外で就職活動をすることになります。なので、取得が容易でない専門性を身に着けること、自分のチーム外の人にも実績やスキルを知ってらうことはけっこう重要です。

それに、外国人の多くはアメリカでH1Bという就労ビザで働くことになりますが、このビザは仕事がなくなると同時に失効します。つまり、アメリカへの滞在資格を失いますので、すぐに次の職が見つからなければ出国するしかありません。アメリカで仕事をすると、雇用の保障が薄いだけでなく、滞在資格も不安定になるのです。

最近シリコンバレーでジョブセキュリティの高い仕事はソフトウェアエンジニアですかね、、年収1000万以上の求人があふれていて、スキルの高いエンジニアは仕事には困らないと思います。さらに言うと、技術分野は言語の壁が比較的低い領域なので、外国人が働きやすいと思います。

今思えば、文系で第二外国語の英語を身につけても、ネイティブと勝負するのは相当困難なので、コンピューターサイエンスなど非ネイティブが活躍しやすい分野を極めたほうが、海外移住はしやすいです。逆に、海外に住みたくない人は技術があると語学力に関わらず海外赴任を命じられる可能性がありますね。






スポンサーサイト


仕事 | 08:17:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。