FC2ブログ
 
■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ベイエリアの美容院 At One Ten in San Mateo
海外生活で最も困ることの一つが定期的に髪を切ること、です。特に私はショートカットなので、放置するのは長くても2ヶ月半が限界。今年は日本への出張が多く、困ることはなかったのですが、5月に切った髪が長って耐えられなくなったので、サンマテオにあるAt One Ten の日本人美容師さんに切ってももらうことにしました。このお店のスタイリストさんは全員アジア人で、予約のときに日本人の担当者を指定することができます。お店のホームページを見ると、現在2人いるようで、私は今回も去年行ったときと同じ Naoka さんという方でした。当日予約でしたが、空いていてよかったです。

前回行ったのは去年の10月あたりだったかと思うのですが、なんとNaokaさんは私のことを覚えていました。すごい!今回はただ増えた部分の髪をさっぱりと切りたかっただけなので、打ち合わせをさっくり終わらせ、シャンプーへ。その後、マッサージもしてくれました。日本の美容師さんはすばらしいです。ちなみに、お店には日本のヘアスタイル雑誌などは目に付く範囲にはなかったので、髪形を変えたい人は、自分で写真を持っていったりしたほうがいいかもしれませんね。

そしてマッサージが終わってから、ざくざくと髪を切っていきます。ショートカットのせい?か、ハサミを使わず、カミソリみたいなので剃るように髪を切ってました。けっこうダイナミックにばさばさと切ります。以前はサイドは耳がかかるくらいとか、襟足はなるべくはねないように、とかいろいろ注文をしていたのですが、最近どんどん髪が短くなり、髪のくせを意識する必要がないくらいになってしまいました。日本でいうところの「女子力」が下がる一方です。。

髪を切っている最中に、ヘアスタイルについて話したのは前髪の長さをどうするか、くらいで後はずっと日本語で雑談してました。でも、短い髪型にしているからこそ、日本人の美容師さんに切ってもらうことは重要です。日本よりも感覚的にはショートカットの女性が少ないアメリカで、アメリカ人の美容師さんに切ってもらったら、男性のようなショートにされてしまいそうで怖いです。まあ、ここまで短いのは試したことないので偏見かもしれませんが。

1時間ほどで完成!料金は$55 + tip でした。ホームページには $55+ と書いてあり、+ 部分がチップを指すのか、ロングヘア料金を指すのか分かりませんが、ショートヘアの私は$55 でした。チップも入れると7000円近くになる計算で、日本に比べて割高だと思います。サンフランシスコ周辺では、日本人美容師さんを探すと、女性ヘアカットの相場はこのくらいが相場でしょう。

At One Ten
http://atoneten.com/#Home






スポンサーサイト


アメリカ生活事情 | 14:51:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。