FC2ブログ
 
■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シカゴとサンフランシスコの家賃
私は2010年7月~2012年6月までをシカゴ郊外のEvanstonで学生生活、卒業後の夏をサンフランシスコベイエリア、2012年9月~2013年9月までシカゴダウンタウン、その後からサンフランシスコベイエリアに住んでます。ベイエリアに来て一番ショックなのは、家賃の高さと家の見つけにくさ、です。

Evanston時代 (2010-2012):

学校の寮に月$1000くらいで住んでました。寮といっても、Studio アパートで、キッチン・バスは専用。アメリカには珍しいシングルベッド(英語ではTwin サイズといいます)で、狭いと言う人が多かったですが、東京で一人暮らしをしたことのある人だったら特に狭いとは思わないはず。。

Evanstonはダウンタウンから車で30分程度(電車もある)かかる郊外ですが、高級住宅街でダウンタウンと比較して家賃があまり変わりません。学校の寮でない場合でも安いところでStudio $1000くらいかかりました。2BR/BAで$2500くらいのアパートでルームシェアしている人も多かったです。

サンフランシスコベイエリア・夏の短期滞在時代 (2012):

この家探しには本当に苦労しました。まず、サブレットでちょうどいい時期に貸し出しに出るものがない、出てもすぐになくなってしまうか、オープンハウスに行かないと貸してくれないなどの問題があり、結局数日は安いモーテルに泊まって家探ししてました。

最初に見つかったのが、10日間旅行に行く間$500で貸すよ、というもの。Market Street沿い、BARTの駅にも歩けてかなり便利な場所だったので、とりあえずそこを借りてさらに家探しを続けることにしました。

次に見つけたのは、びびなびの日本語掲示板でサンタクララ、ホームステイのような感じで一軒屋の1室を$800/月で借りるもの。ここは車がないと生活できないようなところでしたが、値段はすばらしく、最終的にここに決めかけたところ、友達がFoster Cityに買ったばかりの家の1室をオファーしてくれ、結局そこに居候することに決めました。ちなみに2BR/2.5BAの比較的新しいタウンハウス(というのかな?)で、5000万~6000万くらいだったかと思います。

シカゴダウンタウン時代(2012-2013):
大学院の友達とルームシェアをする予定で、2BR/2BAに絞って探してました。二人とも夏の間はシカゴにいないことがわかっていたので、6月頃に不動産やさんに頼んでいくつかのアパートを見せてもらい、気に入ったものをマークしておく、という方法をとりました。6月だと9月の空き予定はまだまだわからないですからね。2人の希望を伝えておいて、不動産やさんが空き情報をキャッチし次第、連絡をくれ、幸いにも気に入ったところにちょうど空きが出たので、カリフォルニアにいる間に契約を決めました。

ちなみにシカゴではテナントが不動産紹介料を負担することはありません。ニューヨークでは礼金みたいなのを支払うみたいですが。なので、誰かに頼むのが便利だと思います。このときに借りた物件は1200sqft程度の広い2BR/2BAで、$2600くらい。Streetervilleはすぐ隣のRiver Northよりも割安です。翌年更新のときには$2800超えてたので、シカゴでも家賃は上昇傾向です。あと注意点は、更新が1年単位なことです。まあ日本ほど杓子定規に物事が進まないので、たぶん1年未満で出ることになったら交渉はできると思います。

現在(2013-)

サンフランシスコ空港近くの、サンブルーノというところに住んでいます。これもシカゴからリモートで家探しをしなければならなかったのですが、たまたまCraigslistで見つけた3ヶ月のサブレットに、出張中見に行くことが出き、当面の家は確保することができました。

広い1軒やの大家さんが住んでいる1階部分を、大家さんが中国に帰っている間貸し出していたもの。他に4人くらいの人が住む2階部分からは完全に独立した900sqftの1BRがなんと$1300/月。光熱水費・インターネットも込みでした。インターネットは遅くてかなり使い物にならず、家自体は古かったですが、それでも広々とした1BRがこの値段というのは、Craigslistによくある詐欺かと思ったくらい破格です。

そして現在住んでいるのが同じくサンブルーノの1BRで、$1500/月。これもかなり安いですが、同じくサブレットで、オーナーさんの希望条件と合っていたので掲載価格よりも少し安くしてくれました。マーケットよりもかなり安いと思います。CaltrainもBARTも徒歩圏内で、車必須のベイエリアの中では公共交通機関に恵まれた場所という、市内まで通勤する私にとってはとても便利な場所にあるので気に入っています。飛行機での出張も比較的多いので、空港まで車で5-10分というのもありがたいです。

ただし、交通の便以外、サンブルーノという街自体にあまり魅力はありません。ダウンタウンはさびれた商店街が並ぶストリートが一本だけ。ゆったりできるカフェは小さなスターバックスが一軒、という感じ。きれいな家もあまりなく、低所得の移民が多く住んでいる気がしますが、治安の問題を特に感じがことはありません。

そして次はSan Mateoあたりに住みたいと思っているのですが、1BRの家賃だけで$2000/月くらいはみる必要がありそうで、若干不安です。日本ではあまり考えられませんが、特にサンフランシスコ市内に住む友達からは、更新で一気に$500家賃が上がり、引っ越さなければならなかった、という話を聞くのも珍しくありません。
スポンサーサイト


アメリカ生活事情 | 17:13:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。