FC2ブログ
 
■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
勤務日にボランティア
私の勤務する会社は1-1-1 モデルというのを採用しています。1%の時間、1%のプロダクト、1%のEquityをフィランソロピーに使う、というもの。1%の時間というのは社員の時間で、勤務時間の1%(8時間換算で、1日あたり5分)をボランティア活動に使いましょう、と奨励されています。実際に「ボランティア時間」として、通常の有給休暇とは別に年に数日の「ボランティア休暇」の支給もあります。

フィランソロピーを専門としている人たちもいて(Foundation)、かなりボランティア意識が高い会社だと思います。ボランティア時間はちゃんとシステムにも記録します。(私は最近までこの記録の仕方を知りませんでした。)こういう活動、日本よりもアメリカのほうが盛んな気がします。日本だと、総務部が細々と社会貢献活動やってたりしますよね。

こんな会社にいるのに、ちっともボランティア活動してなかったので、マーケティングの人たちが企画した活動に参加してみました。訪れたのは、Larkin Street Youth Servicesというホームレスの子供たち(高校・大学あたりの年齢)にシェルターを提供したり、カウンセラーをつけたり、教育を提供して自立を助けている団体です。ここは、100人以上のフルタイムスタッフを雇用し、かなり政府・自治体や企業からの援助を受けているけっこう大きなNPOでした。

私たちがお手伝いしたのは、ここに持ち込まれる衣服の整理です。かなりの量の服が寄付されているので、定期的に整理する必要があるんですね。常勤スタッフはここまで手が回らないようなので、特にトレーニングも必要のないこういった活動はボランティアに来る人に手伝ってもらうにはぴったりです。服を男性・女性に分け、靴のサイズを揃え、左右ペアでないものは処分したり、といった作業を地味に2時間くらい続けました。

会社からも比較的近くにあるので、勤務時間中にさくっとできるのもいいですね。このボランティア、上司には直前にやっていいか確認したのですが、「もちろん」との答えでした。

https://www.facebook.com/larkinstreetyouthservices/timeline

スポンサーサイト


仕事 | 15:34:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。