FC2ブログ
 
■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インディゴパール(プーケット)での結婚式:準備編
プーケット、ナイヤンビーチにあるインディゴパールで結婚式を挙げると決めたのが4月頃、その後タイのクーデター騒ぎで契約直前で二の足を踏み、8月にようやく契約を済ませました。振り返ってみると、式場さえ決まってしまえば、あとは直前でもなんとかなるかもー、というのが実感です。特に、私たちはホテルで式・レセプションの両方を手配したので、そこのパッケージで最低限のものは何とかなっていた、というのもあります。以下、準備を振り返ってみました。

2013年12月

・結婚式をプーケットですることに決める。ハワイは所詮アメリカなのでつまらない。どうせまとめた休みを取るなら遠くに行きたい。でも日本からは近いほうがいい。それなら12月に雨季のバリよりも乾季のプーケットかな、といった思考経緯から。あとは、式の後に観光するなら、タイのほうが見所があるな、と思ったことと、行ったことがあるのでなんとなく様子がわかること、友達がいるので情報収集がやりやすいかな、ということも。

2014年1月~3月

・式場探し。タイからの返事が遅いのもなり、けっこう時間がかかる。ここでタイに友達がいたのはかなり大きかった。

2014年4月
・式場をインディゴパールに決定。(経緯
・サンフランシスコに友達が来たのをきっかけに、ウェディングドレス購入。(アメリカでウェディングドレス選び

2014年5月
・タイでクーデターが起きたので、契約直前でサインを止めた。ホテルの人たちはかなり理解があり、日にちは押さえておいてくれるが、サイン(支払い)はしなくてもよい、とのこと。この後、政情不安を利用して条件の交渉をしたりする。

2014年8月
・式場契約
・招待状の準備
・ウェディングウェブサイトの作成(アメリカでは一般的らしく、無料で作成できるウェブサイトが多くある。私はWeddingwireを利用。招待状に入り切らない情報を載せるのに利用した。)
・友人にスピーチの依頼

2014年9月

・招待状の発送。
・ゲストへのプチギフトを探し始める。
・参加できない友達に、ビデオレターの作成をお願いする。
・航空券購入
・インディゴパールのホテルを両親・姉夫婦分予約(英語ができないため、代行した。)

2014年10月
・プチギフトのサンプルを取り寄せる。
・プチギフトをオーダー(サイトによっては発送時間がかかるので、早めにオーダーするに越したことはない。)
・テーブルの名札たてに利用する貝殻を購入
・Etsyで貝のリングベアラーとヒトデ型ペンたて(ゲストブック記帳用)を購入
・Etsyでベールをオーダー(結局気に入らず、花とも合わないので使わなかった。。)
・母にウェルカムボードの作成を依頼
・タイ国内の航空券・ホテルを家族全員分予約

2014年11月
・ファーストダンスレッスンを始める。1回45分、4回の個人レッスンパッケージ。(ダンスレッスン
・母にゲストブックの作成を依頼(当初は購入するつもりだった。。)
・サンキューカードを購入(書いたのはプーケットに行く飛行機の中。。)
・(1ヶ月前に全額払い込みと言われていたので)ゲスト人数を確定し、食事メニュー、ケーキ、飲みもの、オプションを確定。
・席次表を考える。
・式で使う曲を決める。入場は定番のCanon、退場は旦那のセレクションにより、U2のBeautiful Day。

2014年12月
Animotoでプロフィールビデオの作成(A/Bテストをしているのか、なぜか私のブラウザでは1年契約のオプションしか出てこなかったが、旦那のブラウザでは1ヶ月契約のオプションがあった。)
・ラストダンスの練習をする(出張で日本に帰る機会があったので、週末に実家に帰り、ちょっと踊ってみたら、なんとかいけそうだったので、父が持っていた曲のなかから、悲しい曲でないものを選び、本番でもやることにした。)
・席次表作成
・当日のマニュキュアの予約(そういえば必要だろう、ということに気付いた。)
・iTunesとSpotifyを利用してプレイリストを作成(出発直前の週末に作った。)
・友達に通訳の依頼(スピーチ毎に、日→英、英→日をお願いした。)

<以下、ホテルのイベント担当者から突然質問票が送られてきて、あった選択肢の中から選んだ。>
------
・ブーケを選ぶ。それに合わせて新郎用のブートニアを選ぶ。
・ウェディングケーキのデザインを選ぶ。
・式場に敷き詰める花の色を決める。
・式場の花の色を決める。ゲートのデザインを選ぶ。


プーケットに着いてから
・当日の式次第をちゃんとつくる(食べ物をいつ出して、ケーキはいつで、といった時間配分まで書いたもの)
・席次表の最終調整
・式前日のディナーの場所決め、友達への声がけ
・フォトグラファーの時間延長(タイの人がフレキシブルでよかった。ホテル専属のカメラマンだったのかも。)
スポンサーサイト


結婚式 | 17:36:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。