■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プーケット一日観光
プーケットには公共交通機関がないので(バスはあるのかも。不明。)、基本的にはタクシーやホテルのシャトルでの移動となります。私たちは両親・兄弟等を含め9人のグループだったので、バンを一台借り切って観光しました。ホテル経由で手配してもらったら、もちろん運転手つき、6時間で3000バーツでした。

貸切なのでコースは自由。父親が行きたいところに印をつけていたガイドブックを元に、6時間で回れるコースを設計してもらいました。今回まわったのは、Pang Pae滝(たぶん。トン・サイ滝に行こうとしたところ、水がないと言われた。)→プーケットタウン→ワット・チャロン→パトンビーチ→ホテル帰着という流れです。プーケットは意外と広く、6時間を少しオーバーして戻りました。

最初に行った滝はちょっとしたハイキングが楽しめて、隣にギボン保護センターもあります。ギボンとは、手が長いサルのような動物です。違法にペットにされた後に捨てられてしまったギボンを野生に戻すようにリハビリをしているそうです。

ギボン保護センター
http://www.houbou-ya-phuket.com/beach_spot/spot/detail7.html

プーケットタウンでは旧市街を散策しました。ちょっとおしゃれなカフェがあったり、骨董品やさんがあったり、安いお土産も探せます。それから、ちょうどタイ人のカップルがウェディングの撮影をしていました。

プーケットタウンの後に訪れたワットチャロンは、プーケット一番有名なお寺です。3階建ての建物からは周りの景色がよく見渡せます。そして最後にパトンビーチ。残念ながら散策する時間はなく、ランチを食べただけでした。ランチの場所が決まってない、と言ったら、ドライバーにBaan Rim Pa という高級タイ料理レストランに連れて行かれました。ここはたまたま別のタイ人の友達にも紹介されたところで、すごく雰囲気のいいお店です。料理よりも、場所代で高い感じです。崖にたっていて、にぎわっているパトンビーチが見下ろせます。(写真)

Baan Rim Pa
http://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g297930-d1073248-Reviews-Baan_Rim_Pa-Patong_Kathu_Phuket.html

20141221Sightseeing

スポンサーサイト


旅行 | 17:39:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。