■プロフィール

kiwi

Author:kiwi
東京の大学卒業後に会社を辞めて2010-2012までKellogg Scool Managementに留学。MBA取得後に東京に戻るはずが、縁あってシカゴに残ることに。日々の出来事や感じたことなどを書いてます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サンフランシスコベイエリアでの家探し【基本情報】
サンフランシスコはアメリカの中でもニューヨークと並んで物価が高く、家賃も高い上に高所得者の流入が止まらないので物件がすぐなくなります。。でも今住んでいる家はサブレットで、もうすぐ家主さんが帰ってくるので、4月11日までには完全に立ち退かなければなりません!ということで、重い腰を上げていよいよ本格的な家探しを始めました。

[探す時期]
相場を把握するために、2ヶ月くらい前から探し始めたほうがいいです。実際に空き物件が出るのは1ヶ月を切ってからくらいなので、2ヶ月前だといいところが見つかっても、家賃を払い始めない限り物件を抑えられないのですが、エリアが決まっているのであればどんなアパートやコンドミニアムがあって、大規模アパートだったら空きが出そうか、ということが分かってきます。

[探す方法]
・craigslist
ここを見てるだけでも大丈夫ですが、地図がないので、エリア毎に探しにくいのが難点。あとは、玉石混淆なので、詐欺物件かどうか見極めるのは自己責任です、本当に。新着物件から見られるのは便利。
・Trulia
ここもけっこう揃ってます。アプリも使いやすく、載っている物件のエリア情報を入手するのにも使えます。
・Livelovely
アプリが使いやすくていいのですが、比較的高い物件ばかり。。
・Padmapper
craigslistからも情報をひっぱっているので地図から探せるのがいいところです。

シカゴのときは不動産やさんに頼んで、いろいろアパートに連れて行ってもらったり、その人が物件情報をくれたりしたのですが、ベイエリアには不動産やさんはいないみたいです。聞いたことないだけなのかもしれまさんが、まわりに聞いてみても、craigslistと答える人がほとんどでした。
スポンサーサイト


アメリカ生活事情 | 21:10:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。